忍者ブログ
HOME Admin Write

耳鳴り_セミが鳴いている日常

幼少の頃から難聴に悩まされてきました。。。 何度となく通った耳鼻科も、 高額機材を投資した補聴器センターも、 ひととして生きていくために、悩みを改善する最短距離ではありませんでした。  聞こえなかった耳に音を入れるだけでは もはや、私の耳の悩みは消えなくなってしまったのです。 じゃあ、何がどうなればいいの? こんな経験ありませんか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、難聴になった時期はいつ?、その理由は?という観点について、
私が感じたことをお伝えしたいと思います。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■  

クリアに会話を楽しみたい ─ハチの子800─


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

<生まれつきなの?>
いくつかの難聴のお子様がいらっしゃるかたのブログを読んでいると、
幼少の頃の言葉の覚えの遅さから、難聴に気づくことがあるそうです。
では、私はというと、言葉を発する時期は、さほど遅くはなかったようです。
幼児期は、健聴に近い聴力を持っていながらも、ゆっくりと進行する難聴だったか、
あるいは、どこかのタイミングで、何かあったか?
<幼児期に原因が?>
母から聞いた話しでは、
・呼びかけに対して反応がない。
・学校への忘れ物が多い
ことから、およそ3~6歳のころに何かあったのでは?ということが気になります。
私自身、今もそうですが、対人関係に対するストレスを感じやすい性格です。
不安障害や、対人恐怖症といった症状によく似ています。
ただ、生活に不自由を感じるほどではありません。
もちろん、幼少の頃から、人間関係のストレスがありました。
不安で仕方が無いのです。
近所のヒトに怖いおばさんがいる。近所に怖いおにいちゃんがいる。
デパートでは誘拐されたことがトラウマになり、
家から出るのが何となく怖く、
幼稚園に連れて行かれるのが嫌で
何とか落ち着けるのが、夕飯時家族といる時だけでした。
<まさか。>
まさか、それが原因とは考えにくいですが、
私自身、耳をふさいで閉じこもってしまいたいような性格だったので、
あり得なくはないと思っています。
<つまり>
心ととても関連性の高い機関。
脳・聴神経・胃・小腸など、とても重要な機関ですが、外見からは目に見えません。
そして、幼児期の子供達は、それに不自由を感じることができない(あるいは不自由を表現できない)。
何を言いたいかというと、
「やりたくない」「いきたくない」「不安そうな顔をしている」
そういうサインを見つけたら、一歩下がって注意深く見てあげよう。
原因があり、それが成長の芽を摘んでしまうような物ならば、
その原因に子供を近づけてはいけない。
私自身も、子供の成長を妨げる何かを黙認して来てしまったかもしれない
不安にさせる言動を起こしてしまったかもしれない
という不安に、
今、囲まれています。




にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ にほんブログ村
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■  
クリアに会話を楽しみたい ─ハチの子800─

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
ナチュラルアロママッサージオイル
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
Mori
性別:
非公開
自己紹介:
難聴者には、難聴者からのアドバイスが必要だと私は考えます。
難聴者でも、明日たちはばかるであろう
新たな難聴の障壁のことを、知る由もありません。
だから、ショックが続くのです。
難聴だと自分でわかっていても、落ち込むことがあるのです。
準備しきれないのです。
もちろん、健聴者にもわかりません。
しかし、
30年間、難聴を経験してきた私なら、
少なくとも、あなたの前に立ちはばかる障壁を
少しだけ砕いて、先を見えるようにしてあげることができます。
いつかあなたの役に立てることを、
夢に見ています。

フリーエリア

P R

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

フリーエリア

Copyright ©  -- 耳鳴り_セミが鳴いている日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]