忍者ブログ
HOME Admin Write

耳鳴り_セミが鳴いている日常

幼少の頃から難聴に悩まされてきました。。。 何度となく通った耳鼻科も、 高額機材を投資した補聴器センターも、 ひととして生きていくために、悩みを改善する最短距離ではありませんでした。  聞こえなかった耳に音を入れるだけでは もはや、私の耳の悩みは消えなくなってしまったのです。 じゃあ、何がどうなればいいの? こんな経験ありませんか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
今日の月が綺麗で、犬の散歩時、鼻歌も弾みました。
暦は「雨水」。
気温が上昇し、地中湿度があがり、土の中の生き物たちが一足先に目を覚ますころです。

みなさんの近くの空き地も、モグラが「うわー」ってやっていませんか?^ ^

さて、私ごとですが、
夜なべが多く暴飲暴食に走っていました。
毎日、食パン一斤。ドーナツ。バタピー一袋。時に、柿ピー4袋。
依存症です。

今までこれほどにまで、糖質に依存したことはありませんでした。
恐ろしいです。
「頑張ってるから」
「今日は徹夜しなきゃだから」
それが2日続き、一週間続き。
いつの間にか、食べ続けていないといけない感覚に。

恐ろしいことに、
糖質依存と、みみなりの再来に苛まれています。
今まで、聞いたことのないような音がします。
セミのバックグラウンドに、古い冷蔵庫のコンプレッサーのおと(ブイーン)
時に、冷蔵庫の「開いてますよ」サインの高い電子音。
どれも、家族には聞こえないおとでした。
しばらくの間、みみなりからは距離を置いていたのに、ショックです。

家族の声も、聞こえにくくなりました。

今日から、糖質制限です。
体が酸性になっている証拠です。
弱アルカリ性に補正し、金属イオンを正常に働かせることが先決です。

人は必ず、多忙の時期があり、
体を犠牲にしなくてはならない時があります。
ですが、食においては、常識を逸脱しないよう、
十分な強いマインドを保つ必要があります。
倒れてしまっては、元も子もないですから。

お互いに頑張りましょう!
それでは!
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
Mori
性別:
非公開
自己紹介:
難聴者には、難聴者からのアドバイスが必要だと私は考えます。
難聴者でも、明日たちはばかるであろう
新たな難聴の障壁のことを、知る由もありません。
だから、ショックが続くのです。
難聴だと自分でわかっていても、落ち込むことがあるのです。
準備しきれないのです。
もちろん、健聴者にもわかりません。
しかし、
30年間、難聴を経験してきた私なら、
少なくとも、あなたの前に立ちはばかる障壁を
少しだけ砕いて、先を見えるようにしてあげることができます。
いつかあなたの役に立てることを、
夢に見ています。

フリーエリア

P R

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

フリーエリア

Copyright ©  -- 耳鳴り_セミが鳴いている日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]