忍者ブログ
HOME Admin Write

耳鳴り_セミが鳴いている日常

幼少の頃から難聴に悩まされてきました。。。 何度となく通った耳鼻科も、 高額機材を投資した補聴器センターも、 ひととして生きていくために、悩みを改善する最短距離ではありませんでした。  聞こえなかった耳に音を入れるだけでは もはや、私の耳の悩みは消えなくなってしまったのです。 じゃあ、何がどうなればいいの? こんな経験ありませんか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。

耳鳴りだけでなく、首から上の不調に現れやすい原因の一つとして、
水があります。

人間の体は、成人でおよそ70パーセントが水分でできています。
体内の水分は、絶えず、外へ出て行きます。

汗をかく季節でなくとも、
呼気、皮膚呼吸、皮膚の更新、おしっこ、それから、うんち。
全てに水をつかいます。

水が足りないと、どうなるでしょう?


ドロドロ血、便秘、おしっこが濃くなる…
その結果、
ドロドロ血は、細胞の酸欠・悪性腫瘍の増殖
便秘は、腸内環境の悪化から正しい栄養素が吸収されない、腸壁が酸化
おしっこが濃くなると、尿道への刺激、尿管結石、腎石

それから…

一番伝えたいのは、「リンパ」
狭い細胞には、血管が行き届きません。
細胞一個一個に、血管が結ばれているわけではないのです。
リンパ(液)がなければ、血管が結ばれている細胞しか生きては行けません。

血管と、細胞の、橋渡しを、リンパが行っています。

つまり、ひたひたの栄養の水に囲まれて、細胞は呼吸をしています。
水がなければ、栄養の水はやがて、流れないトイレの水になってしまいます。

お分かりだと思いますが、

耳の中には、イオン値の異なるリンパ液が二種類満たされている器官があり、
音を判断しています。

リンパ液のイオン値次第では、正確な音を拾えなくなってしまうのです。

水を、取り込んで、流してください。

水分ではなく、水です。

お茶ではなく、水です。

自然界に存在する、ミネラルの入った水です。

細胞たちのトイレを、流しましょう。
頭痛・耳鳴り、やがて改善していくかもしれません。
(排水困難な方は、摂取量を医師とご相談ください)

それでは!
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
Mori
性別:
非公開
自己紹介:
難聴者には、難聴者からのアドバイスが必要だと私は考えます。
難聴者でも、明日たちはばかるであろう
新たな難聴の障壁のことを、知る由もありません。
だから、ショックが続くのです。
難聴だと自分でわかっていても、落ち込むことがあるのです。
準備しきれないのです。
もちろん、健聴者にもわかりません。
しかし、
30年間、難聴を経験してきた私なら、
少なくとも、あなたの前に立ちはばかる障壁を
少しだけ砕いて、先を見えるようにしてあげることができます。
いつかあなたの役に立てることを、
夢に見ています。

フリーエリア

P R

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

フリーエリア

Copyright ©  -- 耳鳴り_セミが鳴いている日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]